トップページ > 政策提言活動 > 環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉

環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉

 グローバルなビジネス環境を改善し、強いサプライチェーンを幅広い地域で実現するためには、TPPなど複数国間での高いレベルの経済連携の推進が重要です。また、TPPには、(1)参加国の国内でのビジネス環境改善に焦点を当て、(2)中小企業にとってのビジネス環境改善を目指し、(3)二国間のEPAの積み上げではできない分野・内容が盛り込まれているなどの特徴があり、国により異なる規制・手続きの統一化や非関税分野を含む幅広い分野が自由化・透明化されます。なお、TPP交渉を推進するためには、地域経済や農林漁業への影響を克服するための地域対策が不可欠です。