トップページ > 中小企業関連情報 > 雇用・労働 > 人材確保等支援助成金(テレワークコース)の支給要領の改正について(厚生労働省)

雇用・労働

人材確保等支援助成金(テレワークコース)の支給要領の改正について(厚生労働省)

厚生労働省では、「人材確保等支援助成金(テレワークコース)」により良質なテレワークを導入・実施しようとする中小企業事業主を支援していますが、この度、本助成金の支給要領を下記のとおり改正しました。

 

詳細につきましては、以下をご参照ください。

 

<支給要領改正の概要>

1.テレワーク勤務を「新規に導入する事業主」のほか、「試行的に導入している又は試行的に導入していた事業主」も対象とする。

2.助成対象となる取組(支給対象経費)について、以下のテレワーク用サービス利用料も助成対象に追加する。

・リモートアクセス及びリモートデスクトップサービス

・仮想デスクトップサービス

・クラウド PBX サービス

web 会議等に用いるコミュニケーションサービス

・ウイルス対策及びエンドポイントセキュリティサービス

 

〇人材確保等支援助成金(テレワークコース)改訂版リーフレット

〇人材確保等支援助成金(テレワークコース)について(厚生労働省HP

〇支給要領

〇前回記事

 

【問い合わせ先】

都道府県労働局 雇用環境・均等部(室)