トップページ > 中小企業関連情報 > 初会合で人材育成の方向など意見交換(教育未来創造会議)

中小企業関連情報

初会合で人材育成の方向など意見交換(教育未来創造会議)

 政府はこのほど、教育再生実行会議の後継組織として設置した教育未来創造会議の初会合を開催した。岸田文雄首相が議長、松野博一内閣官房長官と末松信介文部科学相が議長代理を務め、閣僚と民間有識者で構成。会合では、わが国の未来を担う人材の育成の方向などについて意見交換を行った。

 会議に出席した岸田首相は、直ちに取り組みを進める事項として、「人材育成への投資や大学などの機能強化の推進」「デジタル技術を駆使したハイブリッド型教育の推進」「大学の経営改革」の3点を提示。萩生田経済産業大臣には、「産業界の視点を踏まえた産学官が目指すべき人材育成」、後藤厚生労働大臣には、「地域などのニーズに対応した教育訓練、労働移動の円滑化・人材育成に向けた3年間4000億円の施策パッケージの推進」を指示した。

 会議では、わが国の未来を担う人材の育成の在り方についての論点案を提示。岸田首相の示した3点に加え、大学卒業後の所得に応じた「出世払い」を行う仕組みを含む、教育費などへの支援、学び直し(リカレント教育)を促進するための環境整備などについても今後、議論を深めていく。

 詳細は、https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kyouikumirai/dai1/gijisidai.htmlを参照。

 

   中小企業関連情報https://www.jcci.or.jp/sme/

   雇用・労働https://www.jcci.or.jp/sme/labor/

   日商AB(教育再生実行会議)https://ab.jcci.or.jp/tag/3865/