トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「オーバーツーリズムの未然防止・抑制による持続可能な観光推進事業」を募集中(観光庁)

トレンドボックス

「オーバーツーリズムの未然防止・抑制による持続可能な観光推進事業」を募集中(観光庁)

 観光庁では、多くの観光客の来訪による過度な混雑やマナー違反などの課題解決に取り組む「オーバーツーリズムの未然防止・抑制による持続可能な観光推進事業」を募集している。自治体のオーバーツーリズムの未然防止や抑制に向けた調査や計画策定などの具体的な取り組みを支援する「先駆モデル地域型」と地域の観光関係者が連携した「一般型」の2類型で応募締め切りは2月15日。「先駆モデル地域型」は自治体を中心とした地域関係者による協議の場で計画を策定し、具体的な取り組みを実証・実装ベースで実施する。

 政府は昨年10月の観光立国推進閣僚会議で「オーバーツーリズムの未然防止・抑制に向けた対策パッケージ」を決定、公表。国内の観光需要の急速な回復に伴い、多くの観光地が賑わいを取り戻す一方で、一部の地域・時間帯への偏在傾向も見られ、公共交通の過度の混雑や交通渋滞、マナー違反による地域住民の生活への影響、旅行者の満足度低下などが懸念されていることから、対応策を取りまとめている。

 詳細は、https://www.mlit.go.jp/kankocho/page08_000264.htmlを参照。

 

   地域振興情報https://www.jcci.or.jp/region/

   観光ナビhttps://www.jcci.or.jp/region/tourism/

   日商AB(観光庁)https://ab.jcci.or.jp/tag/88/