トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「情報セキュリティ10大脅威2024」を決定(IPA)

トレンドボックス

「情報セキュリティ10大脅威2024」を決定(IPA)

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)はこのほど、2023年に発生した情報セキュリティにおける脅威のうち、特に社会的に影響が大きかった事案を個人向けと組織向けに分けて「情報セキュリティ10大脅威2024」として決定した。組織向けは、全て前年と同じで、1位の「ランサムウェアによる被害」と2位の「サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃」は順位も昨年と変わらず。3位の「内部不正による情報漏えいなどの被害」と6位の「不注意による情報漏えいなどの被害」は前年から順位を上げた。個人向けも前年と変化がなく、「インターネット上のサービスへの不正ログイン」「クレジットカード情報の不正利用」「ネット上の誹謗・中傷・デマ」「不正アプリによるスマートフォン利用者への被害」は9年連続で10大脅威に選出されている。

 詳細は、https://www.ipa.go.jp/pressrelease/2023/press20240124.htmlを参照。

 

   情報処理推進機構https://www.ipa.go.jp/index.html

   IT関連情報https://www.jcci.or.jp/it/

   日商AB(IPA)https://ab.jcci.or.jp/tag/1725/