トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化事業 (国立公園型)の採択結果公表(観光庁、環境省)

トレンドボックス

地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化事業 (国立公園型)の採択結果公表(観光庁、環境省)

 観光庁と環境省はこのほど、4月15日付で公募した「地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化事業(国立公園型)」の事業実施者を決定し発表した。同事業は、国立公園における観光客などの利用者向け施設の整備改善などを国・自治体・民間企業などが一体となって行う取り組みを支援するもの。今回、採択されたのは、全国9カ所の国立公園内で上質な滞在環境の創出などを目指す20事業者。地域計画に基づく「宿泊施設などの高付加価値化改修」「観光地魅力向上のための廃屋撤去」などの対象事業に係る経費の一部を国が補助する。

 詳細は、https://www.mlit.go.jp/kankocho/page05_000191.htmlを参照。

 

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/

   観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/region/tourism/

   日商AB(観光庁)https://ab.jcci.or.jp/tag/88/