トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 観光需要喚起策「全国旅行支援」を7月前半から実施へ(観光庁)

トレンドボックス

観光需要喚起策「全国旅行支援」を7月前半から実施へ(観光庁)

 観光庁は17日、6月中の新型コロナ感染症の感染状況を見極めた上で、全国を対象とした観光需要喚起策「全国旅行支援」を7月前半から実施することを発表した。実施期間はお盆期間などの最繁忙期を除き8月末まで。国の支援事業として、支援水準は全国一律とする。旅行需要の分散、地方への観光に対する配慮の観点から、割引率・割引上限額などを新たに設定。割引率は40%、割引の上限額(一泊当たり)は、鉄道、バス、航空機など交通付き旅行商品で8000円、宿泊のみのケースは5000円、旅行先の飲食店などで使用可能なクーポン券などについては平日3000円、休日1000円としている。また、現在実施中のいわゆる県民割の期間は、7月14日宿泊分(7月15日チェックアウト分)まで延長する。

 詳細は、https://www.mlit.go.jp/kankocho/news06_000560.htmlを参照。

 

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/region/tourism/

   新型コロナウイルス感染症対策事業https://www.jcci.or.jp/covid-19/

   日商AB(観光庁)https://ab.jcci.or.jp/tag/88/