トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 6月1日より「全国中小企業クラウド実践大賞2022」参加企業の募集受付を開始(クラウド実践大賞実行委員会)

トレンドボックス

6月1日より「全国中小企業クラウド実践大賞2022」参加企業の募集受付を開始(クラウド実践大賞実行委員会)

 「クラウド実践大賞実行委員会」(日本商工会議所等で構成、総務省共催)は、6月1日から「全国中小企業クラウド実践大賞2022」への参加企業の受付を開始した。本賞はクラウドをはじめとしたデジタル技術を活用して新しい価値創造と業務効率化を実践する中小企業を発掘し、その取組を、わかりやすく身近な推進事例として普及することを目的としている。

 

 参加企業はまず同賞のHP上で「自己宣言」を行う。自己宣言を行った企業には自己宣言の証となるロゴマークが贈呈されるとともに、「クラウド実践事例」の登録フォームが送付される(クラウド実践事例の登録は8月15日まで)。

 「クラウド実践事例」に登録した企業は、「クラウド実践コンテスト」の書類審査対象となる。書類審査を通過すると、10月に開催される地方大会に出場。地方大会での上位入賞企業は、12月上旬(予定)に開催される全国大会に出場する。「クラウド実践コンテスト」では、企業が自社のクラウド実践事例のプレゼンテーションを行い、全国大会で優れた提案を行った企業には総務大臣賞、日本商工会議所会頭賞などが贈られる。

詳細・応募(参加登録)方法は公式ホームページを参照。

 https://cloudinitiative.jp/

 

昨年度のプレゼンテーションの様子は下記ページ(2021年度大会レポート)を参照。

 https://cloudinitiative.jp/2021report

 

IT関連情報 https://www.jcci.or.jp/it/