トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 尾道市、大洲市、佐賀市の歴史まちづくり計画(第2期)を認定(国交省など)

トレンドボックス

尾道市、大洲市、佐賀市の歴史まちづくり計画(第2期)を認定(国交省など)

 国土交通省、文部科学省、農林水産省などは3月22日、広島県尾道市、愛媛県大洲市、佐賀県佐賀市の歴史まちづくり計画(第2期)を認定した。「歴史まちづくり」は、城や神社仏閣、その周辺の町家や武家屋敷などから成る市街地と、祭礼行事、民俗芸能、昔ながらの生業などの人々の伝統的な営みや活動とが一体となって、地域の個性ともいえる歴史的な情緒や風情を醸し出すまちが取り組む「歴史的なまちづくり計画」を認定し、関係省庁が連携し、地域の活性化や歴史・伝統文化の保存・継承について、ハード・ソフト両面から支援するもの。全国で86都市が取り組んでおり、今回の3都市の認定で、第1期計画を完了し、第2期計画の取り組む都市は30都市となる。

 詳細は、https://www.mlit.go.jp/report/press/toshi10_hh_000391.htmlを参照。

 

   地域振興情報https://www.jcci.or.jp/region/

   観光ナビhttps://www.jcci.or.jp/region/tourism/

   日商AB(国交省)https://ab.jcci.or.jp/tag/134/