トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「SDGs推進に関する実態調査」の結果を公表(中小機構)

トレンドボックス

「SDGs推進に関する実態調査」の結果を公表(中小機構)

 独立行政法人中小企業基盤整備機構はこのほど、「中小企業のSDGs 推進に関する実態調査」の結果を公表した。調査は1月7~14日、全国の中小企業など2000 社を対象にウェブアンケートを行ったもの。 SDGsの認知度については「よく知っている」「ある程度知っている」「聞いたことはある」を含め約9割が何らかの形で認知していると回答した。一方、SDGsの内容を「十分に理解している」「やや理解している」とする企業は約4割にとどまった。SDGsの理解度と取り組み状況の関係を見ると、「十分理解している」「やや理解している」と回答した企業のうち「すでに取り組んでいる」「今後は取り組んでいく予定」は58.4%、「あまり理解していない」「理解していない」と回答した企業では、今後の取り組みについて「未定」「予定はない」の回答が93.5%だった。SDGsを経営に取り入れる意義や目的は「企業の社会的責任」が50.4%と最も高く、「企業イメージの向上」(29.7%)、「従業員のモチベーションの向上」(27.6%)が続いた。

 SDGsの取り組みに向けた課題は、「何から取り組めばよいのか分からない」(21.0%)が多く、「取り組むことによるメリットが分からない」(19.3%)、「SDGsや取り組み方法に関する情報が少ない」(16.4%)などが続く。求める支援としては、「SDGsに取り組む際活用できる補助金 ・助成金」(22.2%)、「SDGs取り組み事例の公表」(15.3%)、「中小企業のためのSDGs推進指針の策定・公表」(14.4%)などが挙げられている。

 詳細は、https://www.smrj.go.jp/research_case/research/questionnaire/index.htmlを参照。

 

   中小企業関連情報http://www.jcci.or.jp/sme/

   日商AB(中小機構)https://ab.jcci.or.jp/tag/67/