トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 2021年の投資申請額合計は約195億米ドルと発表(タイ投資委員会日本事務所)

トレンドボックス

2021年の投資申請額合計は約195億米ドルと発表(タイ投資委員会日本事務所)

 タイの投資誘致機関であるタイ投資委員会日本事務所は、タイ進出に興味のある日本企業向けの情報提供メールマガジン「情報便」(2022年第2号)でこのほど、2021年の外国直接投資(FDI)と国内の投資申請額合計が前年比59%増の6427億バーツ(約195億米ドル)に達したと発表した。ハイテク分野へのFDIやバイオ・循環型・グリーン(BCG)産業プロジェクトへの投資金額・件数の増加、発電分野への継続的な投資などが功を奏した。併せて、バイオエコノミーを推進するための追加優遇措置についても公表。政府として、バイオ分野の集積を目指す考えを示した。

 詳細は、下記を参照。

 http://www.boi.go.th/upload/Tokyo220202/BOIMailMagazine_2022_2_Inv2021_BioHub.pdf

 

   タイ投資委員会https://www.boi.go.th/index.php?page=index&language=ja

   国際関連情報http://www.jcci.or.jp/international/

   海外展開イニシアティブhttps://www.jcci.or.jp/international/kaigaitenkai/