トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 中小企業支援オンラインシンポジウム「中小企業の明日を考える」の開催について(読売新聞社)

トレンドボックス

中小企業支援オンラインシンポジウム「中小企業の明日を考える」の開催について(読売新聞社)

 読売新聞社は10月8日に、中小企業支援オンラインシンポジウム「中小企業の明日を考える」(後援:当所、中小企業庁、中小企業基盤整備機構)を開催します。

 

 同シンポジウムでは、中⼩企業の多くが、コロナ禍の中、「後継者難」で更に厳しい状況になっており、日本の産業の根幹を⽀える中⼩企業の事業継続・事業承継が危ぶまれていることから、この問題の解決に取り組む中⼩企業や有識者をパネリストに迎え、事業継続・承継問題への対処はどうあるべきか考えていきます。

 なお、同シンポジウムはLIVE配信となり、パソコン、スマートフォンで視聴可能です(事前登録制、視聴無料)

  

【開催概要】

■日時:10月8日(⾦)18:00〜20:00(予定)

■シンポジウム主な内容:「事業の継続・発展」と「後継者の発掘・育成」

・コロナ禍の現在、中⼩企業を取り巻く環境や「廃業」の現実

・後継者の不⾜など、事業継続の諸問題

・各種中⼩企業の事業承継や取り組み事例

・後継者不在率の低い⾃治体とは︖

・中⼩企業の事業継続に求められる新視点等

 

■応募方法

下記WEBサイトより、必要事項を記入し10月7日(木)までにお申し込みください。

https://yomipo.yomiuri.co.jp/present/detail/5022

※定員は先着2,000名。