トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「食品ロス削減月間」に普及・啓発活動を集中開催(農水省など)

トレンドボックス

「食品ロス削減月間」に普及・啓発活動を集中開催(農水省など)

 農林水産省、消費者庁、環境省の3省庁は、10月の「食品ロス削減月間」、10月30日の「食品ロス削減の日」に合わせて、食品ロス削減に向けた取り組みを集中的に開催する。3省庁共同の啓発ポスターを作成し、地方公共団体と共に普及・啓発活動を実施。各省庁でもさまざまな事業を展開する。

 農水省は、食品ロス削減のための消費者啓発に取り組む小売・外食事業者、地方自治体を順次公表するほか、「全国一斉商慣習見直しの日」(10月30日)に向けて、商慣習見直しに取り組む食品製造・小売事業者を募集し、事業者名を同省サイトでPR。賞味期限や消費期限が近付いた「見切り品」等を寄付金付きで値引き販売し、その利益の一部を寄付金としてフードバンク活動の支援等に活用する新たな仕組みの構築に向けた実証販売を実施する。

 消費者庁は、「食品ロス削減推進アンバサダー」を任命し、広報活動を強化するほか、「食品ロス削減推進大賞」の表彰などを通じて普及・啓発を実施。「めざせ!食品ロス・ゼロ」川柳コンテストも開催する。

 環境省では、「食品ロス削減環境大臣賞」の表彰事業を実施。また、食品ロスに関する情報を集約した「食品ロスポータルサイト」を設置し、取り組み事例や取り組みマニュアルを紹介する。

 地方公共団体が参画する「全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会」も3省庁と連携。家庭における「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンを実施する。

 詳細は、https://www.maff.go.jp/j/press/shokuhin/recycle/210928.htmlを参照。

 

   農林水産省https://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/

   消費者庁「めざせ!食品ロス・ゼロ」https://www.no-foodloss.caa.go.jp/index.html

   環境省https://www.env.go.jp/recycle/foodloss/index.html