トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 空き家対策のモデル事業に69件採択(国交省)

トレンドボックス

空き家対策のモデル事業に69件採択(国交省)

 国土交通省はこのほど、2021年度「住宅市場を活用した空き家対策モデル事業」の提案を採択した。同事業は、空き家対策を一層加速化させるため、地方公共団体における専門家などと連携した相談窓口の整備などを行う取り組み、民間事業者が空き家の発生防止などの抜本的対策に取り組むモデルとなるような取り組みについて支援を行い、その成果の全国への展開を図るもの。4月20日~5月20日に応募のあった109件から、69件(地方公共団体3件、民間団体66件)の先進的な取り組みを支援する。

 詳細は、https://www.mlit.go.jp/report/press/house03_hh_000147.htmlを参照。

 

 

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/