トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「第47回発明大賞」募集(日本発明振興協会、日刊工業新聞)

トレンドボックス

「第47回発明大賞」募集(日本発明振興協会、日刊工業新聞)

 公益財団法人日本発明振興協会と日刊工業新聞社は、「第47回(2021年度)発明大賞」(後援:文部科学省、日本商工会議所など)の募集を行っている。同賞は、独創性に富む発明により優秀な技術・製品を生み出した中堅・中小企業および個人を表彰し、その功績を広く紹介するもので、毎年1回実施。厳正な審査を経て「発明大賞」4件をはじめ、「発明功労賞」「考案功労賞」「発明奨励賞」「発明育成賞」の全27件を表彰する。「発明大賞」受賞者には賞状と副賞を贈呈。対象となるのは、中堅・中小企業(資本金10億円以下の企業)、および個人、グループ。受賞者は、2022年3月初旬に日刊工業新聞紙上で発表する。また、科学技術週間中(4月中旬)に、受賞した優れた発明考案について発表会を開催する。募集締め切りは9月30日。

 詳細は、http://www.jsai.org/Taisho/を参照。

 

   日本発明振興協会http://www.jsai.org/

   中小企業関連情報http://www.jcci.or.jp/sme/