トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 令和3年特定商取引法・預託法の改正について(消費者庁)

トレンドボックス

令和3年特定商取引法・預託法の改正について(消費者庁)

 消費者被害の防止及びその回復の促進を図るための特定商取引に関する法律等の一部を改正する法律(令和3年法律第72号)が6月16日に公布された。

 特定商取引法の主な改正内容は、通販の「詐欺的な定期購入商法」対策、送り付け商法対策、消費者利益の擁護増進のための規定の整備等である。また、預託法の主な改正内容は、販売預託の原則禁止、預託法の対象範囲の拡大、消費者利益の擁護増進のための規定の整備等である。

 詳細はhttps://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/amendment/2021/をご参照。