トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「夜間・早朝の活用による新たな時間市場の創出事業」の成果を公開(観光庁)

トレンドボックス

「夜間・早朝の活用による新たな時間市場の創出事業」の成果を公開(観光庁)

 観光庁はこのほど、「夜間・早朝の活用による新たな時間市場の創出事業」の成果を取りまとめ、公開した。同事業は、地域における夜間・早朝の訪日外国人旅行者の回遊性を高め、特に地方部における訪日外国人の旅行消費額の増加や長期滞在につなげることを目的に実施したもの。同庁では、「夜間・早朝の活用という枠組みを超え、日本の各地域に根付く文化・自然の活用やその情報発信の手法、将来の反転攻勢に向けての基盤構築など、アフターコロナにおける新しい観光施策の推進においても有効な知見が得られた」として、活用を呼び掛けている。

 詳細は、https://www.mlit.go.jp/kankocho/topics05_000347.htmlを参照。

 

   地域振興情報https://www.jcci.or.jp/region/

   観光ナビhttps://www.jcci.or.jp/region/tourism/