トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > ユネスコ創造都市ネットワーク推薦案件の国内公募を開始(日本ユネスコ国内委員会)

トレンドボックス

ユネスコ創造都市ネットワーク推薦案件の国内公募を開始(日本ユネスコ国内委員会)

 日本ユネスコ国内委員会(事務局:文部科学省)はこのほど、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)が実施するユネスコ創造都市ネットワーク(UNESCO Creative Cities Network)への新規加盟申請のための2021年公募の開始を受けて、わが国からユネスコへ推薦する申請案件の公募を開始した。2021年公募では、1カ国からユネスコへ申請できる案件数の上限は2件(異なる分野)に設定されている。ユネスコ創造都市ネットワークは2004年に創設されたもので、創造性(creativity)を核とした都市間の国際的な連携によって、地域の創造産業の発展を図り、都市の持続可能な開発を目指すもの。各都市は同ネットワークを活用し、知識・経験の交流、人材育成、プログラム協力などを行っている。世界の加盟都市は80カ国246都市で、7分野(文学、映画、音楽、クラフト&フォークアート、デザイン、メディアアート、食文化)のいずれかに分類。日本からは、映画(山形市)、音楽(浜松市)、クラフト&フォークアート(金沢市、丹波篠山市)、デザイン(神戸市、名古屋市、旭川市)、メディアアート(札幌市)、食文化(鶴岡市)の6分野9都市が加盟している。

 申請を希望する都市(自治体)の国内公募は、提出された申請書に基づいて、「日本ユネスコ国内委員会文化・コミュニケーション小委員会 ユネスコ創造都市ネットワーク新規加盟申請にかかる選考ワーキング・グループ」が国内選考基準に基づき審議して決定する。申請書の提出期限は、5月26日で、選考結果の発表は6月9日(予定)。

 詳細は、https://www.mext.go.jp/unesco/001/2019/1415285_00001.htmを参照。

 

   地域振興情報https://www.jcci.or.jp/region/

   国際関連情報https://www.jcci.or.jp/international/