トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「デジタル化の急速な進展やニューノーマルに対応した都市政策のあり方検討会」中間取りまとめを公表(国土交通省)

トレンドボックス

「デジタル化の急速な進展やニューノーマルに対応した都市政策のあり方検討会」中間取りまとめを公表(国土交通省)

 国土交通省はこのほど、「デジタル化の急速な進展やニューノーマルに対応した都市政策のあり方検討会」の中間報告書を公表した。報告書では、目指すべきまちづくりの方向性について、「人間中心・市民目線のまちづくりの深化」「機動的なまちづくりの実現」を指摘。地域の資源として存在する官民の既存ストック(都市アセット)を最大限に利活用し、市民のニーズに応えていくため、職住遊学の融合などのため、官民の既存ストック(都市アセット)を「使う」「活かす」ことなどを提言している。

 詳細は、https://www.mlit.go.jp/report/press/toshi03_hh_000075.htmlを参照。

 

 

   地域振興情報https://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttps://www.jcci.or.jp/region/town/