トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」の改正のご案内(国土交通省)

トレンドボックス

「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」の改正のご案内(国土交通省)

 国土交通省は、建築物のバリアフリー化の一層の推進を目的に、バリアフリー設計のガイドラインである「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」を改正し、3月16日に公表されました。

 主な改正内容は、以下のとおりです。

  ①小規模店舗のバリアフリー設計等に関する考え方・留意点の充実

  ②重度の障害、介助者等に配慮したバリアフリー設計等に関する考え方・留意点の充

   実

  ③建築物のバリアフリーに関する優良事例の追加(国立競技場、小規模店舗、病院、

   歴史的建造物等)

 また、同省では、今回の改正内容に関する講習会(オンライン)を3月23日(火)15

時から開催されます。

上記講習会に関する情報も含め、詳しくは、国土交通省の以下HPをご確認ください。

 

 ○「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」を改正しました(国土

交通省)

  https://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000868.html