トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > [新刊紹介] 渋沢栄一伝(ミネルヴァ書房)

トレンドボックス

[新刊紹介] 渋沢栄一伝(ミネルヴァ書房)

214日放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数は約500、社会公共事業は600を数える。日本の近代社会を創造し、全体を組織したオルガナイザーとしての位置付けが与えられる人物と著者・渋沢史料館館長は説く。同書は、当所発行『会議所ニュース』で2010年から連載している「渋沢栄一伝」を再構成。豊富な写真と史料から、多角的に渋沢栄一に迫る。渋沢が今に与えるヒントを探り、渋沢への理解をさらに深められること間違いなし。こぼれ話付きで、これまであまり語られることのなかったエピソードも紹介されている。渋沢栄一伝―道理に欠けず、正義に外れず―/井上潤著/2,090円(税込み)。

詳細は、https://www.minervashobo.co.jp/book/b533857.html を参照。