トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 3月5日(金) 「新時代の競争政策の在り方~経済格差・イノベーション~」のご案内(公正取引委員会)

トレンドボックス

3月5日(金) 「新時代の競争政策の在り方~経済格差・イノベーション~」のご案内(公正取引委員会)

 公正取引委員会競争政策研究センター(CPRC)は、令和3年3月5日(金曜)に、以下のとおり、第19回国際シンポジウムを開催いたします。

  近年、ITを始めとする技術革新の進展によりAI、ロボット、インターネット等を活用する新たなビジネスが次々と出現し、経済取引環境が劇的かつ急速に変化しています。このような変化は、資源の効率的な配分を実現し、国民生活の快適性や利便性の向上が期待されます。他方で、高度にデジタル化された取引では、データの集積や利活用等が競争優位性の獲得において重要な要素となり、市場集中度の高まりによる競争圧力の低下が企業の設備投資やイノベーションを鈍化させることや、独占的な企業への富の集中が労働分配率を低下させることなどが指摘されています。

 本シンポジウムでは、イノベーション、生産性、所得格差等のマクロ経済的な問題に競争政策や独占禁止法の運用がどのように貢献することができるか、より貢献するためにどのような取組が必要かについて、有識者による講演やパネルディスカッションを行います。

 参加費は無料です。申込は2月26日(金)まで。詳細、申込は

https://www.jftc.go.jp/cprc/koukai/sympo/210305sympo.htmlを参照ください。