トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > セラミック及びビトリファイドタイルのオンライン商談会(インド貿易促進評議会主催、インド大使館協力)

トレンドボックス

セラミック及びビトリファイドタイルのオンライン商談会(インド貿易促進評議会主催、インド大使館協力)

 

 在日インド大使館よりお知らせ申し上げます。インド政府商業局が承認及び支援するインド有数の貿易投資促進組織であるインド貿易促進評議会 (TPCI)が、202125日にセラミック及びビトリファイドタイルのオンライン商談会を開催致します。本イベントは、セラミック部門におけるインドと日本の貿易を促進することを目的としています。

 

 インドは、セラミック製品の主要な生産国及び輸出国の一つであり、世界輸出の3%を占めています。インドのセラミック製品の輸出は年平均成長率(CAGR)21.19%で輸出額は2010年の3140USドルから2019年には17USドルに増加しています。インドの輸出品の0.39%を形成するセラミックタイルは、セラミック製品のインド輸出市場における主要製品で、インドは第4位の輸出国です。セラミックタイル市場は、2026年までに941.3USドルレベルの規模を達成する見込みです。インド政府は2022年までにトイレ、電気、LPガスなどの設備が整った1000万の住宅を建設するという住宅供給拡大目標を掲げており、セラミック部門の需要が大幅に増えると予測されています。

 

 セラミック及びビトリファイドタイルの印日メガバーチャル商談会は、日本企業にとって製品/サービスの仕入先となりうるたくさんのインド企業が参加する予定で、双方にとって有益な機会です。

 

 ご参加いただける企業様は、下記のリンクよりオンライン登録をお願い致します。

登録フォームへのリンク: https://forms.gle/3Y7vRp9CN6uqJiRc8

プログラムはこちら、フライヤーはこちらよりご覧いただけます。

 

◎本イベントに関するお問い合わせ

インド大使館経済商務部(アタッシェ)

ラジェシュ・ダッガル氏

com5.tokyo@mea.gov.in