トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「インド企業の買収(M&A) 日印間のビジネスチャンスを広げよう」のご案内(Nexdigm Private Limited、横浜インドセンター、ジェトロ横浜)

トレンドボックス

「インド企業の買収(M&A) 日印間のビジネスチャンスを広げよう」のご案内(Nexdigm Private Limited、横浜インドセンター、ジェトロ横浜)

 Nexdigm Private Limited主催、一般社団法人横浜インドセンター、ジェトロ横浜共催のもと、以下のとおりオンラインセミナーが開催されます。どうぞ申し込みください。

 世界中の企業は、ビジネスの再構築、市場環境の変化によるサプライチェーンおよび成長計画の再評価を模索しています。M&A等により新しい事業を獲得するには、まずグローバル市場のダイナミックな変化と取引を成功に導く為に、錯綜したビジネス事情を評価することが肝要です。

 日本は、インド市場において、主要な投資パートナーとして、M&A取引から生まれた長期にわたるビジネス関係の模範的な記録を持っています。インドで日本の投資家を指導した豊富な経験を持つ本セミナー登壇者は、セクター別の投資動向、日本企業が直面する課題、インドでのM&Aの成功の可能性を高めるためのベストプラクティスを提供することを目指しています。日本側登壇者は、日本語で、インド側登壇者は、日英併記資料を使って英語で講演致します。

 

【日 時】 令和2年10月21日(水) 15時30分~16時45分

【内 容】 1.「対インド投資について」 <Mr. Tanwir Shirolkar >

     ・印日取引の傾向(インバウンド) ・最近のインド経済とM&Aの見通し・コロナ禍におけるM&A取引

      2.「日本企業におけるインド企業のM&A取引について」 <岡田 知也 氏>

【参加料】 無料

【申込方法】 以下URLよりお申し込みください

https://zoom.us/webinar/register/6016015468992/WN_qED-msLPRSO_CfuOzhU_kQ

 

【講師プロフィール】

◆Mr. Tanwir Shirolkar(タンウィル・シローカー)氏 Private Limited(旧SKP)パートナー

実践公認会計士およびMBA。13年以上の取引アドバイザリーを経験。得意分野は、財務デューデリジェンス、評価、M&A、トランザクション構造化、および取引の文書化。多様なセクターや地域にわたる取引の中で、インド最大の電子商取引企業の評価を含む多数の複雑な業務を処理。日本のグローバル自動車部品企業のインド自動車部品工場の買収を成功に導く。

◆岡田 知也(おかだ ともや)氏 株式会社マナスコーポレートパートナーズ(日本とインドのM&Aにフォーカスしたアドバイザリー会社)を2020年4月設立、代表取締役に就任。前職GCA(独立系M&Aアドバイザリー会社)時代、2009年9月から3年半、 GCAのインド事業立ち上げの為にムンバイに駐在、帰任以降も一貫して日本企業によるインド企業への出資・買収に関するアドバイザリー業務に従事し、約20件の日・印案件の成約に携わる。

◆西橋 時男(にしばし ときお)氏 Nexdigm Private Limited(旧SKP)上級顧問、

東京在住、総合商社勤務42年、インド駐在2回、合計10年。2008年より2013年までJETROムンバイ事務所で投資アドバイザーとして日本企業(大企業、中小企業)のインド進出を支援。

 

【主 催】 Nexdigm Private Limited

【共 催】 一般社団法人横浜インドセンター、ジェトロ横浜

【後 援】 神奈川県、横浜市経済局、(公財)神奈川産業振興センター、横浜商工会議所、 (公財)横浜企業経営支援財団、(公社)横浜貿易協会 (予定)

【お問い合わせ先】 一般社団法人横浜インドセンター

電話:045-222-7300 FAX:045-222-7333 http://www.yokohama-india.or.jp/