トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「eシールとは? -内外での活用状況からJIPDECの取組みまで」オンラインセミナーを開催(JIPDEC)

トレンドボックス

「eシールとは? -内外での活用状況からJIPDECの取組みまで」オンラインセミナーを開催(JIPDEC)

 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、2020年10月16日(金)、「eシールとは? -内外での活用状況からJIPDECの取組みまで」と題し、Zoomビデオウェビナー方式でセミナーを開催する。

 

 コロナ禍において、紙や押印を前提とした制度や慣習を見直す議論が活発化しているなか、ビジネス文書等の電子化の真正性を確保・確認できることがきわめて重要となっている。法人が作成した電子文書等に当該法人のしるしとして、EUのeIDAS(イーアイダス)規則に基づき評価された適格電子証明書によって担保され、かつ、EU域内で法的効力を有するeシールの活用が期待されている。

 

 そこで、本セミナーでは、適正評価の基準となっているeIDAS規則をめぐる国内外の動向と、eシールサービスへの取組み事例について紹介する。

 詳細・申込は、https://www.jipdec.or.jp/topics/event/20201016seminar.html を参照。

 

 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)  https://www.jipdec.or.jp/index.html