トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > コロナ禍に立ち向かう事業者の取り組み事例の募集について(日本政策金融公庫)

トレンドボックス

コロナ禍に立ち向かう事業者の取り組み事例の募集について(日本政策金融公庫)

 日本政策金融公庫では、コロナ禍でも頑張る事業者を応援し、他の事業者に新たな気づきを与え、事業意欲を高めることを目的に、標記事業者の取り組み事例の募集を10月1日(木)より開始します。

 なお、応募いただいた取組みの中から、企業としての持続的な効果を上げることができるような取り組みについては、公庫ホームページや公庫が発行する冊子等で紹介される予定です。

 

■募集期間

 2020年10月1日(木)~11月30日(月)

■募集対象

 コロナ禍を乗り切るために取り組んだ「商品」「サービス」「取組み」。

 (従来から存在していた商品、サービスでも、コロナにより、改良、改善したものを含む)

 (例)・技術力を生かしてコロナ対策商品を作成した。

    ・感染予防の店舗レイアウトに改装して売上が回復した。

    ・新たな販売先をオンライン営業で開拓した。

    ・売上が減少したため、事業を多角化して維持している。

    ・異業種連携による販路開拓や、新商品・サービスを開拓した。

    ・コロナを機に都市部から地方に移転し、地域活性化に貢献した。 等

■応募資格

 コロナ禍を乗り切ろうと様々なアイデアや工夫を重ね事業を営んでいる中小企業・小規模事業者および農林水産事業者

■応募方法

 WEB応募フォームからの申込み、または郵送(自薦のみ)

■問合せ先

 日本政策金融公庫 コロナ取組み事例募集事務局

 TEL:03-3270-5699、mail:pnjimukyoku@jfc.go.jp

■募集サイト

 https://www.jfc.go.jp/n/corona-jirei/index.html