トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 2019年農林水産物・食品輸出額、前年比0.6%増加(農林水産省)

トレンドボックス

2019年農林水産物・食品輸出額、前年比0.6%増加(農林水産省)

 農林水産省はこのほど、「2019年の農林水産物・食品の輸出実績」を公表した。2019年の農林水産物・食品の輸出額は9121億円(18年比0.6%増加)で、7年連続での増加となった。しかし、政府が掲げていた19年に1兆円の目標には届かなかった。

 輸出額の内訳は、農産物が5877億円(18年比3.8%増)、林産物が371億円(同1.4%減)、水産物が2873億円(同5.2%減)となった。輸出先は、1位が香港で2037億円(同3.7%減)、2位が中国で1537億円(同14.9%増)、3位が米国で1238億円(同5.2%増)となった。

 詳細は、https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kaigai/200207.htmlを参照。

 

    農林水産省 https://www.maff.go.jp/index.html