トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 外国人労働者数は約166万人、過去最高を更新(厚生労働省)

トレンドボックス

外国人労働者数は約166万人、過去最高を更新(厚生労働省)

 厚生労働省はこのほど、201910月末現在の外国人雇用についての届け出状況を取りまとめた。外国人労働者数は1658804人で、前年同期比198341人(13.6%)の増加となり、2007年に届け出が義務化されて以降、過去最高を更新した。外国人労働者を雇用する事業所数は242608カ所で、前年同期比26260か所(12.1%)の増加となり、こちらも過去最高を更新した。

 国籍別では、中国が最も多く418327人(外国人労働者数全体の25.2%)。次いでベトナム401326人(同24.2%)、フィリピン179685人(同10.8%)の順となった。対前年伸び率は、ベトナム(26.7%)、インドネシア(23.4%)、ネパール(12.5%)が高かった。

 詳細は、https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09109.htmlを参照。

 

    厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/

    中小企業関連 https://www.jcci.or.jp/sme/

    雇用・労働 https://www.jcci.or.jp/sme/labor/