トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > カラカルパクスタン共和国への投資について(ウズベキスタン共和国)

トレンドボックス

カラカルパクスタン共和国への投資について(ウズベキスタン共和国)

 ウズベキスタン共和国西部にある自治共和国であるカラカルパクスタン共和国のムイナック地方への投資プロジェクトに関するご案内です。

 カラカルパクスタン共和国は、面積が約16.5万km²で、ウズベキスタン国土の37%を占めています。カザフスタン、トルクメニスタンと国境を接し、北部はアラル海に面しています。独自の憲法を持ち、国旗、国章、国歌を制定しています。経済は、綿花、米、メロンなどの農産物の生産に支えられています。また、天然ガス、金、石油、金属、その他の鉱物資源が大量に蓄積されています。

 そのカラカルパクスタン共和国の首都ヌクスから車で2時間ほど、200㎞離れている場所に位置するムイナックは、アムダリヤ河の三角州に位置する町で、カラカルパクスタン共和国の都市の一つです。

 

 様々な税優遇制度もあるムイナック地方を含むカラカルパクスタン共和国の投資ガイド詳細は、Investment Guideをご参照ください。

 

ご参考 Appendix.pdf