トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 2019年の出生数推計、86万4000人で過去最少の見込み(厚生労働省)

トレンドボックス

2019年の出生数推計、86万4000人で過去最少の見込み(厚生労働省)

 厚生労働省はこのほど、「2019年人口動態統計の年間推計」を発表した。2019年の出生数は864000人で、2018年より54000人減少し、過去最少となる見込み。一方、死亡数は1376000人で、死亡数から出生数を差し引いた自然減数は512000人となり、13年連続の自然減となる見通しだ。

 詳細は、https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei19/index.htmlを参照。

 

    厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/