トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 中小企業を対象とした違法貸金業者に関する注意喚起(千葉県警察)

トレンドボックス

中小企業を対象とした違法貸金業者に関する注意喚起(千葉県警察)

 中小企業を対象とした違法貸金業者の手口が悪質・巧妙化する中、先般、千葉県警察・岩手県警察の合同捜査本部は、企業の資金調達に用いる金融取引「ファクタリング」(企業が取引先に対し有する売掛債権をファクタリング会社が買い取り、買い取った債権の管理・回収を自ら行う金融業務)を仮装した違法貸金業者を検挙した。

 

 同業者は、全国の資金繰りに窮している中小企業を標的として、ファクタリングによる資金調達をうたった広告をFAX等で勧誘し、実際は正規のファクタリングを行うことなく、無許可で金銭の貸付けを行い、法外な利息を受領するなどの違法営業を繰り返していた。2017年度以降、30都道府県の中小企業社長などのべ約7,100人に計約30億円を貸付け、約36億円を回収したとみられている。

 

 違法貸金業者から一度でも金銭の貸付を受けると、高額な利息の返済に追われ、会社経営が行き詰まり、倒産に至るケースも少なくないことから、千葉県警察では、中小企業等への注意喚起や、ヤミ金業者による被害を認知した際の警察への速やかな通報等を呼びかけている。

 

○(参考)ファクタリングの偽装(金融庁)