トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「2019年就労条件総合調査」の結果を公表(厚生労働省)

トレンドボックス

「2019年就労条件総合調査」の結果を公表(厚生労働省)

 厚生労働省はこのほど、「2019年就労条件総合調査」の結果を公表した。201911日現在における勤務間インターバル制度の導入状況別企業割合は、「導入している」企業は3.7%(前年調査1.8%)、「導入を予定または検討している」企業は15.3%(同9.1%)となった。同調査は、常用労働者30人以上の民営企業(医療法人、社会福祉法人、各種協同組合などの会社組織以外の法人を含む)を対象に実施。4127社から回答を得た。

 詳細は、https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/19/index.htmlを参照。

 

    厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/

    中小企業関連 https://www.jcci.or.jp/sme/

    雇用・労働 https://www.jcci.or.jp/sme/labor/