トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 東京五輪に向け、ピクトグラムなど無料で公開(多言語対応協議会)

トレンドボックス

東京五輪に向け、ピクトグラムなど無料で公開(多言語対応協議会)

 2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会小売プロジェクトチームはこのほど、「表示・POP・ピクトグラム」の無料ダウンロードを開始した。「表示・POP・ピクトグラム」は、外国人旅行者が来店してから購入までに必要な情報を伝えるために、店頭での掲示を推奨するもの。①店舗入口、②店内、③レジ周辺――の3つのシーン別の「表示・POP・ピクトグラム」がある。

 今回公開された「表示・POP・ピクトグラム」は、「小売業の多言語対応ガイドライン」に基づき作成された。同ガイドラインは、より多くの小売店・小売業者が、より迅速かつ効率的に多言語対応を進めるための手引きとして、小売プロジェクトチームが海外事例、国内先進事例、訪日ゲストの問い合わせ調査結果、小売業の意見などを収集整理して取りまとめた。

 詳細は、https://welcome.japan-retail.or.jp/news/2019/20191003_01.htmlを参照。

 

    多言語対応協議会小売プロジェクトチーム https://welcome.japan-retail.or.jp/

    多言語対応協議会 https://www.2020games.metro.tokyo.lg.jp/multilingual/index.html