トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > TICAD7公式サイドイベント「2025年大阪・関西万博を通じたアフリカへの貢献」を開催(日本国際博覧会協会)

トレンドボックス

TICAD7公式サイドイベント「2025年大阪・関西万博を通じたアフリカへの貢献」を開催(日本国際博覧会協会)

 

一般社団法人日本国際博覧会協会は、8月2830日に横浜で開催されるTICAD7(第7回アフリカ開発会議)の公式サイドイベントとして、「2025年大阪・関西万博を通じたアフリカへの貢献」を、828日にパシフィコ横浜で開催する(PRブースは2730日の間設置)。

 

本イベントは、2025年に開催される大阪・関西万博の意義等をアフリカ政府関係者や来場者にトークセッションやPRブースを通じて伝えるもの。

 

トークセッションでは、マリ共和国出身の京都精華大学のウスビ・サコ学長をはじめ、アフリカでの活動や大阪・関西万博に所縁がある方を招き、大阪・関西万博がアフリカ・世界で抱える様々な課題に何を貢献できるかなど、アイデアを共有する。

 

参加費は無料で、定員は200名。

 

 詳細は、https://www.expo2025.or.jp/ticad7/を参照。

 

 【お問合せ先】

 

一般社団法人2025年日本国際博覧会協会事務局 国際局 国際部 国際課

 

TEL06-6625-8721

 

 

 

   一般社団法人2025年日本国際博覧会協会事務局 https://www.expo2025.or.jp/