トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 8月30日(東京)・9月24日(大阪)「米中貿易摩擦と新冷戦-米国からの見方-」セミナー開催および11月9日「IBAT 国際取引業務検定」のご案内(一般社団法人国際取引業務検定協会)

トレンドボックス

8月30日(東京)・9月24日(大阪)「米中貿易摩擦と新冷戦-米国からの見方-」セミナー開催および11月9日「IBAT 国際取引業務検定」のご案内(一般社団法人国際取引業務検定協会)

 一般社団法人国際取引業務検定協会は、8月30日(金)に東京、9月24日(火)に大阪にて「米中貿易摩擦と新冷戦-米国からの見方-」セミナーを開催します。

 トランプ政権は保護主義的な貿易政策を進め、特に中国に対しては追加関税を課すなど攻撃的な姿勢を露わにしています。そうした米国からの追加関税に対して中国も報復関税を課すなど、米中間の貿易摩擦は今後長期化する様相を呈しています。

 本セミナーでは、過去、米国の歴代政権は中国をどのように見てきて、どのような対応をしてきたのかについて検討し、今後の米中関係の行方を展望します。海外へ進出されている企業の方、あらたに海外への進出を検討されている企業の方、中国事業やアジア事業に関心をお持ちの企業の方など、皆さまのご参加をお待ちしております。

 

セミナーの詳細・申し込みは、セミナー概要をご参照ください。

 

 また、同協会は11月9日(土)に「IBAT 国際取引業務検定」を実施いたします。

 この検定は、国際取引の現場で即戦力となる人材を育成するための検定試験であり、身につけた知識がどのくらい国際取引の現場で生かすことができるかを客観的に測ることができます。既に国際取引業務に取り組まれている方はもちろん、これから国際取引の世界にチャレンジする方にも幅広く活用いただけます。国際取引業務にご興味をお持ちの方は、どなたでも受験いただけます。

 

検定試験の詳細・申し込みは、検定試験概要をご参照ください。