トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「2018年賃金構造基本統計調査」の結果を公表(厚生労働省)

トレンドボックス

「2018年賃金構造基本統計調査」の結果を公表(厚生労働省)

 厚生労働省はこのほど、「2018年賃金構造基本統計調査」の結果を公表した。男女計の賃金は306200円(前年比0.6%増)、男性は337600円(同0.6%増)、女性は247500円(同0.6%増)となった。厚生労働省では、「これは、人手不足などを背景に、男女共に運輸業・郵便業、建設業、宿泊業・飲食サービス業、女性では製造業、医療,福祉などで、年齢別には25歳未満の若年層や5564歳の高齢層で賃金の伸びが大きくなっていること、男女共に勤続年数が伸びていることなどが要因と考えられる」と分析している。

 詳細は、https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2018/index.htmlを参照。

 

    厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/

    中小企業関連 https://www.jcci.or.jp/sme/

    雇用・労働 https://www.jcci.or.jp/sme/labor/