トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 水産加工業者の復興状況、売り上げの回復に遅れ(水産庁)

トレンドボックス

水産加工業者の復興状況、売り上げの回復に遅れ(水産庁)

 水産庁はこのほど、青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県の水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケートの結果を公表した。生産能力が8割以上回復した業者は、5県全体で57%となったが、売り上げが8割以上回復した業者は5県全体で42%にとどまっており、依然として生産能力の回復に比べ、売り上げの回復が遅れている。

 震災前と同水準まで売り上げが戻った理由として、5県全体で、「新商品の開発」、「既存の販売チャネル以外における販売」が23%、「主力商品に特化」が18%となった。一方で、震災前と同水準まで売り上げが戻っていない理由として、5県全体で、「販路の不足・喪失・風評被害」が42%、「原材料の不足」が21%、「人材の不足」が17%となった。

 詳細は、http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kakou/190308.htmlを参照。

 

    水産庁 http://www.jfa.maff.go.jp/index.html

    中小企業関連 https://www.jcci.or.jp/sme/

    東日本大震災復旧・復興支援情報 https://www.jcci.or.jp/region/tohokukantodaisinsai/