トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「保護主義的動きは悪影響」 米国進出日系企業の75%(ジェトロ)

トレンドボックス

「保護主義的動きは悪影響」 米国進出日系企業の75%(ジェトロ)

 独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)はこのほど、関税引き上げなどの保護主義的な動きによる進出日系企業への影響に関する調査結果を発表した。調査は、2018912月に実施。世界各国・地域(北米、中南米、アジア・オセアニア、欧州など)に進出している日系企業7593社から回答を得た。保護主義的な動きによる事業への影響について、「マイナスの影響あり」とした日系企業の割合は、米国(75.0%)、カナダ(61.0%)、中南米(45.5%)、中国(37.3%)などとなった。

 詳細は、https://www.jetro.go.jp/news/releases/2019/11c7f756e8d18994.htmlを参照。

 

    独立行政法人日本貿易振興機構 https://www.jetro.go.jp/

    中小企業関連 https://www.jcci.or.jp/sme/

    国際関連 https://www.jcci.or.jp/international/