トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > [新刊紹介]『インターナル・コミュニケーション経営』(経団連出版)

トレンドボックス

[新刊紹介]『インターナル・コミュニケーション経営』(経団連出版)

 インターナル・コミュニケーション経営(IC経営)とは、経営トップが組織的なコミュニケーション活動を経営の中核的企業行動の一つと捉え、経営戦略を効果的に実行していく経営手法。本書は、グローバル展開を進める大企業から社員30人の企業まで、日本企業12社とアメリカ企業9社の職場で進められている「理念・ビジョンの浸透」「社員起点の仕事改革」「新事業の創造」など、働きがいを高める経営改革に向けたインターナル・コミュニケーション活動の仕組みを現場取材に解説を加えて紹介している。

(『インターナル・コミュニケーション経営』/清水正道編著/経団連出版/2000円(税抜き))

 詳細は、http://www.keidanren-jigyoservice.or.jp/index.phpを参照。