トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 自治体アンテナショップ実態調査報告を公表(地域活性化センター)

トレンドボックス

自治体アンテナショップ実態調査報告を公表(地域活性化センター)

 一般財団法人地域活性化センターはこのほど、2018年度自治体アンテナショップ実態調査報告を公表した。都内にはアンテナショップは76店あり、その内訳は独立店舗58店、集合型店舗18店となっている。同調査は独立店舗58店を対象に行った。

 独立店舗の年間売上額は「北海道どさんこプラザ有楽町店」(北海道/有楽町)が年間売上額10億円以上でトップ。7億円以上10億円未満の店舗は昨年度同様、「ひろしまブランドショップTAU」(広島県/銀座)、「銀座わしたショップ」(沖縄県/銀座)の2店となった。上位3位の顔ぶれは昨年度から変更はなかった。

 詳細は、https://www.jcrd.jp/を参照。

 

    一般財団法人地域活性化センター https://www.jcrd.jp/

    地域振興情報 https://www.jcci.or.jp/region/

    まちナビ https://www.jcci.or.jp/region/town/

    観光ナビ https://www.jcci.or.jp/region/tourism/