トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 明治150年記念「シルク・サミット」 11月6日開催(農林水産省)

トレンドボックス

明治150年記念「シルク・サミット」 11月6日開催(農林水産省)

 農林水産省は116日、「シルク・サミット2018~『明治150年』記念シンポジウム~」を都内で開催する。明治政府は、明治5年に世界最大規模の製糸工場である富岡製糸場を設立し、欧米の人々を魅了する良質な生糸を生産することで輸出を拡大。同シンポジウムでは、明治150年を機に、明治期の生糸輸出の歩みを振り返るとともに、世界を目指した明治の人々の思いを現代につなぎ、国産絹の魅力の発信、日本文化の魅力を生かした農林水産物の輸出拡大を目指す。

 詳細は、http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/tokusan/181012.htmlを参照。

 

    農林水産省 http://www.maff.go.jp/index.html