トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「農業参入フェア」東京と大阪で開催、参加者募集中(農林水産省)

トレンドボックス

「農業参入フェア」東京と大阪で開催、参加者募集中(農林水産省)

 農林水産省は1119日(東京)、1130日(大阪)、「農業参入フェア2018」を開催する。同フェアでは、先進事例の発表や、農業参入を希望する企業と企業を誘致したい地域の具体的なマッチングを行う。参加費は無料。

 農林水産省によると、2009年の農地法改正により、リース方式による企業の農業参入が全面自由化され、改正前の約5倍のペースで一般法人が参入(201712月末現在3030法人)するなど、農地を利用して農業経営を行う法人は着実に増加している。また、農地中間管理機構を活用することで、これまでのように農地の所有者と個別に交渉する必要がなくなり、まとまった農地を一括して機構から借り入れることができるようになったことから、農林水産省ではさらなる参入に期待を寄せている。

 詳細は、http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/seisaku/181009.htmlを参照。

 

    農林水産省 http://www.maff.go.jp/index.html