トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「MICE簡易測定モデル」がバージョンアップ(観光庁)

トレンドボックス

「MICE簡易測定モデル」がバージョンアップ(観光庁)

 観光庁が提供しているMICE開催が地域に及ぼす経済波及効果を容易に測定できるツール「MICE簡易測定モデル」がバージョンアップした。MICE簡易測定モデルとは、「MICEタイプ」「都道府県」「都市」を指定し、測定を行うMICEの「期間」「人数」などの情報を入力することで、「生産誘発額・就業効果」「税収効果」などの経済波及効果が自動的に算出されるツール。従来のモデルでは、都道府県または国際会議観光都市においてのみ経済波及効果の測定が可能だったが、今回の改訂により、全市町村において測定が可能となった。また、消費原単位として現在の市場の実態を反映した数値を採用することにより、より正確に測定できるようになった。

 詳細は、http://www.mlit.go.jp/kankocho/news03_000181.htmlを参照。

 

    観光庁 http://www.mlit.go.jp/kankocho/

    地域振興情報 https://www.jcci.or.jp/region/

    まちナビ https://www.jcci.or.jp/region/town/

    観光ナビ https://www.jcci.or.jp/region/tourism/