トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「第48回機械工業デザイン賞」日商会頭賞を表彰(日刊工業新聞社)

トレンドボックス

「第48回機械工業デザイン賞」日商会頭賞を表彰(日刊工業新聞社)

 7月26日、東京都内で、日刊工業新聞社主催、経済産業省後援、日本商工会議所、各工業団体協賛の「第48回機械工業デザイン賞」贈賞式が開催された。
 機械工業デザイン賞は、機械工業の機能・性能・造形面など総合的に優れた製品を表彰し、わが国の機械工業デザイン技術の向上・発展を図ることを目的として、毎年開催されている。
 今回は、 39件の応募があり、第1次審査を通過した24件について、第2次審査(現物審査)を実施し、標記審査委員会にて各賞が選定された。
 中小企業を対象とする日本商工会議所会頭賞は、株式会社チップトン(名古屋市、名古屋商工会議所会員)の重圧バレル研磨機および牧野フライス精機株式会社(神奈川県愛川町)の高精密立形円筒研削盤が受賞。
 また、最優秀賞である経済産業大臣賞は、オークマ株式会社(愛知県大口町)の5軸制御立形マシニングセンタ スマートマシン、株式会社豊田自動織機(刈谷市、刈谷商工会議所副会頭企業)の電動フォークリフトが受賞した。