トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「第5次エネルギー基本計画」を閣議決定(経済産業省)

トレンドボックス

「第5次エネルギー基本計画」を閣議決定(経済産業省)

 政府はこのほど、「第5次エネルギー基本計画」を閣議決定した。同計画は、エネルギー政策の基本的な方向性を示すためにエネルギー政策基本法に基づき政府が策定するもの。エネルギーを巡る国内外の情勢変化を踏まえ、2030年、さらに2050年を見据えた新たなエネルギー政策の方向性を示している。2030年に向けては、「安全性を前提にエネルギー安定供給を第一とし、経済効率性を向上しつつ環境適合を図る。3E+Sの原則の下、2030年のエネルギーミックスの確実な実現を目指す」としている。

 詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2018/07/20180703001/20180703001.htmlを参照。

 

    経済産業省 http://www.meti.go.jp/

    資源エネルギー庁 http://www.enecho.meti.go.jp/