トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「セルフ・キャリアドック」導入支援拠点を開設(厚生労働省)

トレンドボックス

「セルフ・キャリアドック」導入支援拠点を開設(厚生労働省)

 厚生労働省はこのほど、企業の「セルフ・キャリアドック」の導入を無料で支援する拠点を東京と大阪の2カ所に開設した。セルフ・キャリアドックとは、企業がその人材育成ビジョン・方針に基づき、キャリアコンサルティング面談と多様なキャリア研修などを組み合わせて、体系的・定期的に従業員の支援を実施することを通じて、従業員の主体的なキャリア形成を促進・支援する総合的な取り組み。従業員の仕事に対するモチベーションアップや定着率の向上などにより、企業の生産性向上にも寄与することが期待されている。

 今回開設された拠点では、企業内の人材育成・キャリア形成に精通した専門の導入キャリアコンサルタントを配置し、セルフ・キャリアドックの導入を検討する企業の状況や要望に応じてアドバイスを行うなど、具体的な支援を行う。また、企業内でキャリアコンサルティングの機会を得ることが難しい者からの、仕事や将来のキャリアに関する相談にも専門のキャリアコンサルタントが応じる。

 詳細は、http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212450.htmlを参照。

 

    厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/

    中小企業関連 https://www.jcci.or.jp/sme/

    雇用・労働 https://www.jcci.or.jp/sme/labor/