トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「全国発明表彰」日商会頭賞を表彰(発明協会)

トレンドボックス

「全国発明表彰」日商会頭賞を表彰(発明協会)

 6月12日、東京都内で、常陸宮殿下ご臨席のもと、公益社団法人発明協会主催、日本商工会議所
ほか後援の「平成30年度全国発明表彰」表彰式が開催された。
 全国発明表彰は、大正8年の第1回帝国発明表彰にはじまり、発明の奨励・育成を図り、わが国の
科学技術の向上と産業の振興に寄与することを目的として、毎年開催されている。

 今回は、全国から寄せられた応募、推薦の中から各賞合わせて40件122人が受賞。日本商工会議所
会頭賞は、ハンドリング中の質量測定装置(産業用ロボットが、物品を搬送中にその物品の質量を測
定する装置)を発明した、(株)イシダ 医療・医薬事業企画室 中谷誠氏、同 第四開発部自動シス
テム開発二課係長 鈴木亮民氏、(株)イシダエンジニアリング技術顧問 小西聡氏が受賞、また、
法人を代表して、発明実施功績賞を(株)イシダ代表取締役社長の石田隆英氏(京都商工会議所議員)
が受賞した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本商工会議所会頭発明賞を受賞した、左から小西氏、中谷氏、石田社長、鈴木氏

 

平成30年度全国発明表彰 受賞者一覧はこちら
http://koueki.jiii.or.jp/hyosho/zenkoku/2018/zenkoku_jusho_ichiran.html