トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「2018年版ものづくり白書」を公表(経済産業省など)

トレンドボックス

「2018年版ものづくり白書」を公表(経済産業省など)

 経済産業省、厚生労働省、文部科学省はこのほど、2018年版ものづくり白書を3省共同で取りまとめた。ものづくり白書は、政府がものづくり基盤技術の振興に関して講じた施策を取りまとめたもの。同白書では、「人材の量的不足に加え質的な抜本変化に対応できていない恐れ」など、製造業を取り巻く大規模な環境変化の中で、経営者が共通認識として持つべき4つの危機感を提示。その上で、日本の製造業の主要課題に対する対応の方向性として、「現場力の維持・強化、デジタル人材等の人材育成対策」「新たな環境変化に対応した付加価値向上」について論じている。

 詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180529001/20180529001.htmlを参照。

 

    経済産業省 http://www.meti.go.jp/

    厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/

    文部科学省 http://www.mext.go.jp/

    中小企業関連 https://www.jcci.or.jp/sme/

    地域振興情報 https://www.jcci.or.jp/region/

    ものナビ https://www.jcci.or.jp/region/monodukuri/