トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > [新刊紹介]『図でみる観光』(交通新聞社)

トレンドボックス

[新刊紹介]『図でみる観光』(交通新聞社)

 “新しい観光”として「産業観光」「街道観光」「都市観光」を提唱する著者は、日本人が持っている「観光」に対するイメージ、「観光=遊び」という概念を変えるために、観光に関する著作を数多く著してきた。しかしながら、観光はただの遊びではなく、文化・経済行動であることはなかなか理解してもらえていない。

 日本の観光の直接経済効果は総額26.7兆円(平成29年)にも及び、波及効果まで含めると年間約50兆円と推計されている。この額は日本の自動車産業全部の生産高とほぼ同じである。このことを理解してもらうため、今回の著書は図を多用した。まずは図を「みる」、そして次に文章を「読む」。分かりやすく理解を深められる一冊となっている。

(『図でみる観光』/須田寬著/交通新聞社/1500円(税抜き))

 詳細は、http://shop.kotsu.co.jp/shopdetail/000000002357を参照。