トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 6~7月に「下請取引適正化推進セミナー(基礎コース)」を開催(全国中小企業取引振興協会)

トレンドボックス

6~7月に「下請取引適正化推進セミナー(基礎コース)」を開催(全国中小企業取引振興協会)

 全国中小企業取引振興協会は6~7月にかけて、「下請取引適正化推進セミナー(基礎コース)」を東京、名古屋、大阪で開催する。

 同セミナーは、資材・購買・調達などの外注取引業務を担当する実務経験の浅い方や、下請代金支払遅延等防止法(下請法)を学びたい方などが対象。企業法務や下請法に精通した弁護士を講師に招き、下請法の概要、親事業者・下請事業者の定義、取引の内容、親事業者の四つの義務および11の禁止事項などを、事例やQ&Aを交えて分かりやすく解説する。受講料は1人当たり12,400円(税込み、テキスト代を含む)。全体講義の後、希望者については個別相談に応じる。

 詳細は、https://www.zenkyo.or.jp/seminar/orijinal_jitumu.htmを参照。

 

   全国中小企業取引振興協会http://www.zenkyo.or.jp/index.htm